医療機関にかかる意義

男の人

副作用のリスク軽減

aga治療は、脱毛を防ぐフィナステリド含有の治療薬、発毛成分ミノキシジルの含まれる発毛薬の発達が発端となって、大きく進化を遂げました。今では、これらの薬は個人でもインターネット経由で取り寄せることが可能となっています。aga治療において、医療機関の存在価値は高いです。高い理由として、まず一つ目は、上記のような薬に対する安全性を確保できる点でしょう。医療機関では、問診や血液検査など、事前検査を行うところも少なくありません。これを通じて、副作用を防いだり、和らげたりできることでしょう。個人で薬を購入する場合、特に利用経験のない人には、副作用のリスクが伴う可能性が高いとともに、薬の品質自体に問題がある可能性もあります。この点、医療機関にかかれば、少なからずこのリスクは軽減できるでしょう。

治療の選択肢が増えました

aga治療を医療機関を受けるメリットして、aga治療法が進化し、選択肢が増えたため、ご自身に合った治療法を選択できるという点が挙げられます。最先端のaga治療法は、グロースファクター再生療法やハーグ療法と呼ばれるものです。どちらも、副作用が少なく効果が大きいというメリットの大きな治療方法です。どちらも細胞に着目した治療法です。毛髪には毛髪幹細胞と呼ばれる細胞がありますが、これは薄毛の方にもあり、しっかり生きています。この眠った細胞に成長因子を注入し活性化させるのが、グロースファクター再生療法と呼ばれる治療法です。またハーグ療法は、幹細胞から取り出した成長因子を頭皮に直接注入するやり方です。いずれも細胞に着目したものですので、従来のaga治療とは異なり、男女問わず行えることが特徴です。その他にも検査を通じて、個々に不足している成分を補う治療も可能です。agaの症状は個々でさまざまです。医療機関では、個々に合った治療を提供してくれることでしょう。